Menu
カテゴリ一覧
最近書いたの
カレンダー
2017年 5月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近のコメント
アクセスカウンタ
今日 : 1616
昨日 : 2020
総計 : 193886193886193886193886193886193886
LogCounterX by taquino

2016年10月13日(木曜日)

移動しました。

カテゴリー: - misun @ 09時56分29秒

さて、5年の歳月を経てついに当サイトもリニューアルすべくこちらに移動し始めています。ついでに新しく更新も開始ちゅう。

misunSCFP改め
こちらのサイトにて「ポプシクルの例倉庫」として飽きるまで更新予定です。
よろしくお願いします!


2011年2月7日(月曜日)

忘れていたっ!!

カテゴリー: - misun @ 12時59分08秒

すっかり自分のホームページの存在を忘れていましたっ!お陰でコメント欄にはエロ広告が山ほど!!けっ、消さねば!!

そして数少ない読者の皆様、ごめんよー。これからは皆様を見習って、より自己愛に充ち満ちたウェブサイトにしていかねばなりません!!

っつーわけで、釣りも何もしていませんが、ビデオだけは撮っています。
これからはビデオブログとしてしばらく更新しましょうか??それ以外に書く事ねーっす。

とりあえず明けましておめでとう!遅すぎですが、新年一発目にYouTubeにアップロードした動画。あーんど、さっきアップロードした動画。

いわゆるステディカムっちゅう手ブレ防止装置でもって撮影されているんですが、まー、どーでも良い方にとってはほんと、なんでもない動画であります。
なんてったって撮影した本人が眠くなるほどですからっ!!
この動画はご近所の高草山という山であります。
駿河湾と茶畑が素晴らしいハーモニーを醸し出し、ここにミカン畑でもあったらば静岡県の広報に「ちょいっとあんた!静岡県をがっつり体現したこんな良いところがありますヨっ!」などとお知らせしたくなるよな場所です。ちなみに夜は頂上付近の公園にて夜景もお楽しみになれるようで、使用済みのチョメチョメなども発見!!ってどーでもいいな。。

昨日行った愛知のキャンプ場動画
やっぱりキャンプは冬に限るぜ!!
虫もいなくってサイコー!キャンプ場は特に語るべき所無しです。


2010年10月20日(水曜日)

なんちゃってロードムービーふう

カテゴリー: - misun @ 12時52分18秒

自分で作ったカメラスタビライザーをアメリカに持っていったのは良いんだけど、肝心の撮影は意外にやらなかったりで、自分の怠け癖を反省する日々を送っております。
まだ全体の編集には至っておりませんが、とりあえずスタビライザーで撮った映像を簡単にまとめてアップしましたです。
暇で暇でしようがないときにご覧下さいませ。



2010年10月18日(月曜日)

行って参りました。

カテゴリー: - misun @ 18時38分09秒

皆様、ご無沙汰しております。生きてますよ。
さて、恒例の海外フィッシングツアー2010を決行して参りました。とは言ってもお決まりのアメリカ、アイランドパークなので場所的な目新しさは何もありません。そこにはただ川が流れ、最愛の時間と場所は以前と変わらずあるだけです。
またこのお話は追々掲載する事にしまして、最近趣味としているビデオクリップでもとりあえず置いておきましょう。
全くシビレまくりです、このライズ。あぁ、永遠のヘンリーズフォーク。

もちろん20インチオーバーのレインボーです。ホワイトフィッシュじゃないですよ。(^O^)
このサイズの魚はなかなか尾びれまで出してライズしないんですけど、こいつはほれぼれするようなライズフォームでした。
HD画質で見てもらうとよく見えると思います。
釣れたのかって??

聞かないでっ!!



2010年7月23日(金曜日)

V2 DIY Steadicam Camera Stabilizer

カテゴリー: - misun @ 11時13分58秒

V2 Stabilizer

大変ご無沙汰しております。死んでませんよ。
以前報告していたカメラスタビライザーの原形がまとまりました。名付けて 「V2」!意味は例によって無いっ!

作り始めると面白くなって一週間で作りましたが、これは、非常に、おもすろいっ!歩いている臨場感等、写真にはない魅力満載、でも写真も好きヨっ!

詳しくはまた書きます。興味ないでしょうが、、(^_^;A

コンデジで撮ったサンプル動画はコチラです。



2010年6月24日(木曜日)

カメラスタビライザー

カテゴリー: - misun @ 15時58分21秒

自称なんちゃって写真家がGH1を買ってからというもの、なんちゃってビデオ家になりつつあります。
お試し程度に買ってみたら、これがまたなかなかに奥が深く遊びどころ満載なオタク趣味でして、案の定変な方向に走り始めております。
とりあえずは、ビデオをもっともらしく撮影するには三脚は必須であります、が、よりアクティブに撮影するためにカメラをスタビライズする事これ必須っ!という願望により只今なんちゃってSTEADICAMを例によって自作中です。
こんななんの役にも立たない趣味でありますから、ご存知無い方も多くいらっしゃると思いますので押しつけがましくご説明差し上げますとですね、これです。
merlin.jpg

ようするに「やじろべえ」的にバランスの取れた軸の上にカメラを載せて常にカメラを水平に保つわけです。おまけにある程度の重さの機材を腕で保持する事で歩行時の振動も吸収しちまおうといった、アナログなエッセンスの塊であり自分で制作する事によりDIY的な欲求も満たしてしまおう、といった企画です。
完成する前にいつものように頓挫する恐れもナキニシモアラズですが、ま、それはそれとしましょう。

早速、ステディカムのカナメであるジンバル(支点ですね)に思いをはせます。
ある程度の角度(90度くらい?)で全方向に自由に動くユニバーサルジョインと的なものがジンバルには必要で、DIYステディカム(結構皆さん自分で作って楽しんでますな
。)の多くはラジコンカーのプロペラシャフトの部品が使われているようです。フリーベアという球形のキャスターも素材としてはぴったりのよう。
仕事をさぼってホームセンターに行くと、あーるじゃありませんか、その名も「ボールキャスター」。540円なり。

サンプルとして購入。帰って早速分解してみました。綺麗に分解は出来そうにないので旋盤で真っ二つにしてみました。

なーるほど、流石540円。すこぶるシンプルな構造。うつくすぃ。。
ボールキャスター

このボールとベアリングというにはおこがましいモノですが、ジンバルなんてこんなもんで十分な気もします。これ、全面的に採用。
適当に図面を書いて
gimbal  図面.jpg

作ってみました。ジンバル試作一号機。

試作ジンバル一号

ちゃんとクネクネ動いて用は足しそうです。
次はカメラのマウント部だな。


2010年6月1日(火曜日)

今更ですが買いました。

カテゴリー: - misun @ 14時59分45秒

パナソニックの家電丸出しカメラことLUMIXシリーズGH1。物欲的には(出た当初はえらい高かったので)全く欲していなかったんですが、なんだか価格的に安まってきたので購入しました。
GH1
いまさらカヨっ>おれ

 もちろんムービー目的であります。

しかもっ!なにげに俺が買った3日後、パナソニックから「GH1 いちまんえんキャッシュバックキャンペーン!!」なるものを発表っ。ぅうっ、くぅ。。おれって情弱!?。。。買って3日で一万円損っ!
そんな訳でワールドクラスの買い物下手を発揮した俺は、キャッシュバック開始までの7日間、一生懸命使いましたヨ。。
そんなふうに今や実質67800円!のHDムービーカメラ。ご入用の方はどぞ買ってください。すぐにGH2は出ますけど。(^o^;)

一週間ほど遊んでみたんですが、写真とは違う面白さがあります。民生用のカメラでこんな動画が撮れるってのは改めてびっくりです。ちなみに写真撮るみたいにビデオ撮ってもなかなか上手くいかないので、それなりの撮影に対する気合いが必要になってきたりで、遊びどころ満載な雰囲気。
最終的には海外の釣りを動画で記録してみたいので、出来ることを考え中です。

その前にハードディスク増設しないとな。。


2010年4月12日(月曜日)

こんなもんすか。

カテゴリー: - misun @ 19時16分36秒

例によってデコりましたよ。一発目から。

521.jpg

一応、気合いを入れてマウンテンバイクでダムのちょっと上まで走りました。途中すれ違った餌釣りのおっちゃんが「水が多すぎて渡れねーよ。。」とか言ってたんで微妙に不安だったんだけど、3時間ほど釣ってみて生命反応一切無し。ま、こんなもんだな。

恒例の捨て台詞「この川魚イネー」と吐き捨てて帰って来た。(もちろんいっぱい居ますよ。本当は。)
�
 早々に切り上げて、ちょっと下流の温泉に入り現地の親父たちと談笑し、イブニングを下流で過ごそうという目論みも、工事中で4時〜5時まで通行止めっちゅうトラップに引っかかりこの日は撃沈。

525.jpg

ちなみに帰り際にチェックした下流域は写真の通り死んでましたよ。ダムの濁りがだんだん下って来ているような。。このポイントはここ数年荒れてしまって、3年前のプールの面影一切無しだな。これでいいのか大井川。
522.jpg


2010年3月30日(火曜日)

やっとこさ。

カテゴリー: - misun @ 16時30分07秒

ここまで出来ましたよっ!奥さん!!
建築中の小屋

そうです、皆様はもうお忘れになってらっしゃると容易に推測されますが、私にとってはまさに現在進行形、もといっ!現在完了進行形の、いわゆるハヴびーんなになにingな、永遠の建築中建築物、またの名を「ジャパニーズさぐらだふぁみりあ」通称、「小屋」がやっとここまで出来たんですよぇえ!!

ってゆーかですね、巷では全国の河川が解禁を迎え、釣り好きのオヤジ達はいそいそと川に出向いて、早春のマッチングtheハッチなどという高尚な趣味に興じているのをブログ等で拝見するだけの毎日。ストレス溜まりまくり!しかしながら、この永遠の建築中というレッテルを覆すべく、必死の思いで毎週(3時間だけ。。)作業しました。

塵も積もれば山となり、毎週三時間もつもれば2週間で6時間、三週間で9時間と、亀の如き歩みでもってやっと外壁の羽目板まで張り終えましたですよ。
残す所は塗り壁のみの状態に来て、やっと一息と言った所でしょうか。

そんなわけで、今週は大井川に釣りに行ってやるぜっ!とここで宣言しておきましょう!
次回はお魚の写真でもアップ出来たら良いなー。


2010年3月5日(金曜日)

届きますたっ!

カテゴリー: - misun @ 15時17分26秒

スカジットライン。またの名を、あまちゅあ〜スペイキャスターライン。要するに、ちょっと練習すれば投げられるたぐいのスペイラインだそう。

スカジットライン

たった8mちょいっ!な長さのヘッドのみなのだが、トンでもねー価格(たかが釣り糸のくせに、しかもその一部分である分際で、市場価格6300円はオレにとっては天変地異レベルの値段なのだっ)のこの短いフライライン。eBayで買ったら4600円でした(送料込み!これ重要。だが高いぞっ)。

さて、これでやっとロッドとラインが出揃い、後はリールと、バッキングラインとランニングラインとえーとえーと、あ、ティップの部分も欲しいんだっけ、と思っていたところ、我が友、Hara師匠が余ってる8番のリールをくれるという嬉しいプレゼントっ!
しかもランニングライン付き!
残るは先っちょのシンキングやらフローティングやらの14ft程のティップセクションがあれば(その辺にあった余ってるWF7とかのラインをちょんぎって作る予定)キャス練が出来ちゃう!これ嬉しっ!

なんだかんだ、この手のフライフィッシングの道具ってのはあれこれ込み入ってますな。ちなみに、聞きかじった知識のみで一度もキャストした事が無いド素人として知ったかぶりをしてみれば、

どうやら、ラインがロングベリーになるほど、トラディショナルなスペイキャスティングになる。
ヘッドを短くしてシューティングヘッドのスタイルになるとアンダーハンドやらスカンジナビアンやらスカジットとか言われる今ふうなダブルハンドのキャスティングになる。らしい。

後者になるにつれキャスティングの難易度は下がるが、その反面ラインシステムの煩雑度は増すといった感じでありませう。

キャスティングのし易さ一択でスカジットのシステムを組んでいる私めは他のシステムの事は良く分からんので、スカジットのシステムのみをここで偉そうに書いておこうっ!

スカジットのシステムとは、激短シューティングヘッドなわけです。そもそもツーハンドにしては短めのロッド(12〜14ft)に27ftほどのヘッド部分できゃすとするので、想像するに簡単そう。なんとなくスペイっぽいキャストすれば短いボディ部分が勝手にDループを作ってくれるであろう事を勝手に期待します。

さらに、数あるキャスティングメソッドはあまりにも種類が多く、まさにワケわかんねー状態なのでオレの単純な脳内はこの混沌としたツーハンドキャスティング界隈を以下のように整理したのであるっ。

まず、皆さんご存知、ウィンドカッターなどの長いヘッドを持つライン。14ft〜17ftなどの長く太いロッドを使ったトラディショナルなキャスティングがひとつ。
その対局の激短ポポロスパゲッティふうシューティングラインを使ったスカジットキャスティング。
その中間がアンダーハンドキャスティングであり、デルタシューティング、ほぼスカジットと同系がスカンジナビアンであると理解した。

優雅で、キャスティング自体の難易度が高いトラディショナルスペイに対して、実用一点張りなアメリカンなキャスティングがスカジット。
繊細さと豪快さを足して2で割ったのがアンダーハンドなどのシューティングヘッドだ。
もちろんオレには繊細さは必要なしであるし、どうせなら極端な特性を持つキャスティングメソッドを経験していたほうが、後々のツーハンドキャスティングの基準となりえるであろうと予想した。

構想数ヶ月にして、やっといま、道具がそろいつつある。部屋の中でロッドを振り回し、おれのエアーキャスティングは3600投を超えたであろうっ!脳内キャスターであったオレは、ついに実際のキャスティングを経験するのだっ!

で、ナニ釣るんだったっけ?


2010年2月26日(金曜日)

IMPOSSIBLE PROJECT

カテゴリー: - misun @ 16時17分05秒

フィルム月一の会長arataさんのトコロで以前から話題になって気になっていたんだけど、ついにポラロイドフィルムが復活を遂げたっ!
下世話なおれは所有している死に体であったはずのカメラ「Polaroid180」がこれでまた微妙に価値が出て嬉しっ!などと思ったりもする。が、また一方では純粋にピールアパートのポラで遊べそうである事にヨロコビをひしひしと感じているのだ。(ただ、実際に手に入れるにはアメリカからの発送になるのか?買い方が良く分からん。)

市場がデジタル一辺倒になってしまった今は、この貴重なフィルム文化の復活は本当に意味のある前例になったと思う。
今じゃちょちょいっといじれば「ポラ風」や「ポラ味」なデジタルフェイク写真があらよっと出来るので、ポラロイドっていうコトバやニュアンスは皆さん心得てらっしゃる。
だがしかし、本当のポラの味とは撮影から現像プリントまでその場で、しかも撮影者のみならずそこにいる人間が参加出来る「現像的瞬間共有型体感写真」であり、プリセット中の「ポラロイドふう」とかいうボタンをクリックするような薄っぺらなものでは断じて無いのだっ(クワっ!!)

そしてアホみたいなデジタルフェイクフォトとは違い、失敗だろうが何だろうが一枚120円位かかっちまうのだ!どうだっ!モッタイナイだろう!!

モッタイナイと思ったデジタルの下僕ども(オレを含む)は是非、フィルムカメラを手にするのだ。
そして、微妙にモッタイナイフィルムを一本詰めて一枚一枚丁寧にシャッターを押そう。
ピールアパートフィルム1パック10枚を使い切る頃には写真のみならず、人生の中の一日が詰まった10枚の写真に値段以上の価値を感じるはずだ。


2010年2月15日(月曜日)

Apertureとぅ〜りぃ(3)

カテゴリー: - misun @ 23時28分00秒

追記
どうやらこのニューバージョンには、アップルお得意の重大な欠陥があるようです。
アップルの設計によると、Aperture3はメモリーがとってもお好きだそうでぱくぱくお食べになられるように作ってあるそうだ。それが足りなくなるとスワップ領域を作りまくりになられます。
4ギガのスワップなんて初めて見たぞ。。
ってワケでまだ買ってはいけない!
———————————

買った買った買いましたよっ!
Aperture3

発表のその日にポチッとして次の日に届いてインストールしたらデータベースのアップデートに4時間トカかかりやがってちなみに、「人々」ちゅうワケ分かんねー機能を有効にするべく、頼んでもいないのにパソコンがひたすら一枚ずつ写真を見やがってななんと、その処理に一晩と半日かかっちまったオレが通りますよっ!みたいな。

まぁ、そんなワケでやっと普通に使えるようになった我がApertureです。上記の通り、使えるようになるまでにありえない時間を要する困った画像管理兼、現像アプリケーションなんですが、今回のアップデートで画像処理の機能がなかなかに強化されてます。
お絵描きレベルの処理はそもそも出来ないんだけど、一般的な画像処理はこれのみで済んでしまうと思う。

Photoshopで言うところのマスク付きの調整レイヤーと同じ効果を簡単に作れたりして、なんだかスゴイ画像編集アプリに化けそうな片鱗を見せつつも、未だにフィルムスキャナのような、サイズの大きな画像の処理は処理速度が遅くて使い物にならなかったりしたりします。
その辺は面倒くさいが、以前書いたような方法でちまちまとやりますか、、。

なんだかんだ言いながらも、動画の管理が出来るようになったのがプチ嬉しかったりする。(-.-)ミーハー。


2010年2月13日(土曜日)

今月のフィルム月一優勝者

カテゴリー: - misun @ 22時58分11秒

今月のお題は「光源」でした。Silkyさん素なっぷさんのお二方が同数で優勝ですー!どちらも幻想的な写真ですね。
かくいう僕はまたしてもノーエントリー(^.^;)
今度はちゃんと撮る時間を作らなきゃな。
しかもコメントしようと思ったらもう締め切りでした(-。-;)。。


2010年2月12日(金曜日)

ツーハンドロッド

カテゴリー: - misun @ 15時51分24秒

以前予言していた通り、ようやく購入したお求め易いツーハンドロッドが届いた。解禁を目前にして、おまえほんとに使うのカヨ?的なニュアンスも漂わせつつ、買っちまったものは仕方がないので徐々に揃えて行く予定。

echo2

かのマッチョなオヤジキャスター代表のステーブレイジェフ氏監修のこのロッドは4ピースの2ティップロッドであり、一つはディスタンス、一つはアキュラシーであろう使い分けをするそうであります。
ぶっちゃけ、アクションなんかはよくわからんので、2万5千円という価格のみが購入動機。ティップが2本有るので折ったとしても問題なし、安いしっ。

そうそう、ちなみにこのロッド、12.6ftというツーハンドロッドにしては微妙に短めだけど4ピースなのに仕舞寸法が結構ある。測っていないので適当な事を書くと8ftのツーピースよりちょっと短いくらいの長さだ。
これで3ピースなどとなればちょいと旅には持って行きにくいのでこのクラスのロッドは4ピース以外はオススメしません。誰に勧めてるのかは自分の胸に聞いて下さい!

ラインも何も無い現在は、ただただ「ふーん」としか言えないのが寂しくも有りますが、ロッドとしての高級感は全く無しっ。しかしながらなんだか良く曲がりそうなロッドなので早いとこラインを買わなきゃっ!とか思っております。


2010年1月25日(月曜日)

明けてしまいまして。

カテゴリー: - misun @ 15時51分07秒

今年も気付けば一年の12分の1が過ぎようとしておりますが、皆さんお元気でしょうか。いつも見に来てもらっている皆さんスミマセン。今年もこんな調子なんでどうぞ宜しくお願いします。

たまには近況報告でもしとかなきゃ死んだんじゃないかと思われそうなんで、一応更新しておきます。
一ヶ月前のエントリーで報告したツーハンドロッド獲得作戦はことごとく敗退し続け、いまだにゲット出来ずにおります。貧乏性なんでほんとに続けるかどうか分からないような釣りに大金を突っ込めないので、お試し程度にオークションで中古を物色しているんだけど、これがなかなか皆さん手強い。13ftの安めの8wtロッドに入札してるヤツがいれば僕だと思って下さい。

話は飛びまして、来る釣りシーズン開幕に備えて壊れちゃったバンブーロッドのフェルールの修理をしております。やり始めると面白くなっちゃって修理を終えたら新しく一本つくってみようかと思ってます。
その他にもクアッドロッドを作ってみたくもあり、その為にはプレーニングフォームから作らなきゃならなくもあり、やりたい事はイッパイあるんですがなにぶん時間が足りません。このあたりの活動記録は暇になったらアップしようかと思ってます。

写真はとりあえず撮った程度のものしか無いんだけど、一応撮っております。現像してないけど。。
先月の「フィルム月一の会」のお題の「走り」ですが、撮りたいもののイメージは出来てたんですが、結局撮る時間がなくてノーエントリーでした。
見事な走ってる写真で一等賞はパチーリさんに決定!
この写真を撮る為にレンズを用意したり、素晴らしすぎます。僕も見習って新しいレンズでも購入しなければなりませぬ。

話は変わって、ataraさんのブログで知ったんだけど、フジのPRESTO400のブローニーフィルムが生産中止になるそうで、モノクロのメインフィルムとして使っていただけに大変ショックであります。現在は住環境の都合により、モノクロ現像やプリント作業はやっていません。モノクロ現像は自分でやらなきゃ気が済まないので、現在はカラーフィルムでお茶を濁しておりますが、建築中の我が瞑想の場が完成したらそこで現像するつもりです。フジのフィルムも使って行きますけど、やはりフィルムの維持はKODAKに期待かな。

そうそう、話はまた飛びますが、アップルが噂のタッチパネルの端末を出しましたね。デザインは相変わらずおっさん臭いですが、動画を見る限り操作感はこれまた秀逸なんでしょう。個人的には本を読むのに電気使いたくないんでどうでもいいんですが、これにウェブカメラ付いてたら危うく買ってしまうトコロでした。

さて、いろいろとりとめもなく殴り書きしましたが、今年一発目の更新は建築日誌で御座います。既に一年以上前の出来事でありまして、微妙に遠い目になりつつコンテンツをアップロードしましたが、興味のおありの方は どぞ、ご覧下さい。


2009年12月24日(木曜日)

ダブルハンドやらスカジットやら

カテゴリー: - misun @ 15時44分25秒

ガラにもなく新しいサオやらリールやらを研究中なぼくなんですけど、皆様お元気でしょうか?

11月末にアメリカの川を語らう会を裾野フィッシングパークで開催した時、友人が「なぜにおまえは海の近くに住んでいるのに、海釣りをやらないのか?」と仰るので、もろに真に受けて近くの港でスズキでも狙ってみようかと画策しておるわけです。

かっこよく言えばシーバスなんだけど、そんなかっこいいものが自分に釣れるわけがないという変な自信満々で、釣れてもセイゴ止まりなのは百も承知。
そんな釣れそうもない釣りをヤルからには、さらに別の角度からのモチベーションを上げなければならず、その結果として新しいサオとリールとラインなワケ。

歳のせいか、8番とかのラインをシングルハンドで投げるのもカッタリーのでここは一発ダブルハンドかと。
ダブルハンドなどは持った事あるのみで投げた事ないんで全くどんなものかも分からないんだけど、よいしょっ、びゅ〜〜〜〜〜ん、、、、みたいなお気軽な感じではないかと勝手に想像したりします。
そう思ってちょっと調べてみると、なんだか意味不明な専門用語連発な世界で、見ているだけでメンドくせー。専門のDVDでも見て研究しなきゃ良く分からんレベル。。。。
しかし、そんなぼくにも分かりそうなダブルハンドお気軽キャストがありました。スカジットキャスティングというんだそうな。
上っ面な情報を元に講釈を垂れるならば、アメリカの何処かの川で、スティールヘッドを釣る為に考えられたシステムだそうで、激太短いシューティングヘッドを、これまた短め(13ft以下)のダブルハンドロッドで投げたらんかいっちゅー世界だそうな。本物の15ft以上とかのロッドでスペイをやるヨカはるかに習得しやすく、且つ、楽。ラインの番手もしたは5番とかからあり、比較的ライトライン。
ぼくのような鼻っからセイゴ狙いななんちゃってにはぴったりのように思われます。

一応考えているのは13ft位の7/8番のサオとリール。
ラインはフローティングのみじゃだめなのか?良く分からんけどこれから調べる予定。


2009年12月15日(火曜日)

フィルム月一の会

カテゴリー: - misun @ 13時06分21秒

11月のお題は「赤」でありまして、皆さんうつくすぃお写真をがっつりアップしあい、先月はとても有意義なfotolougeとなっておりました。
私めもお題に沿った写真を構想し、ガッツリ撮影、、とは行かず、過去の写真ストックからの出品と相成りました。なんだか気合いの入り方が足らんですね、ごめんなさい!

さて、そんな作品の中でも抜きんでて評価著しい9_tailsさんのすさまじく赤な写真が一等賞であります!おめでとう!

なんでも11年前のフィルムだそうで、それで撮ってあんな写真にしちまうのはスゲクかっこいいわけです。
デジタルでは簡単に加工出来そうですが、これをアナログなフィルムでやる事にこそ偶然と必然が交錯したフィルム写真ならでは醍醐味であると判断しますっ!

そんなわけでhttp://fotologue.jp/tsuki1#/10934129/11029791こちらからドーゾ


2009年12月7日(月曜日)

CMSについて

カテゴリー: - misun @ 12時29分56秒

最近は特に忙しいわけでもないのに、何かと物事が進まないのも年の瀬のせいかと思っていますが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

取り立てて面白いトピックもなく、日々ダラダラと過ごしているんだけど、こんな時こそ心機一転、ウェブサイトの改良についてなぞ考えてみた。

今使ってるのはCMS(コンテンツマネージメントシステム)でも有名なXOOPSなんだけど、導入当初より、なんだが理解不能。勉強不足も手伝ってより難解であったので、クールなサイトを構築する予定もまさに未定の状態で3年が過ぎてしまった。。
その間にXOOPSもバージョンが上がったり、モジュールのアップデートがあったりで、今となっては混沌としまっくってしまい、XOOPS内部は複雑に輪をかけてチョー複雑。このサイトに変更を加える事は不可能なまでになってしまった。
ちょっとでもコアな部分を触ったら動かなくなる事必至、怖くてブログ書くぐらいしか出来ねー。。

しかしながら、今更XOOPSの勉強をし直すのもシャクだから、何か他に、もっと分かりやすいCMSが無いかと思って巡回してみると、あーるじゃありませんか!簡単に静的なサイトを動的に構築するよりクールであろうCMSがっ!
その名も「MODx(モドエックス)」!!

modx

ちょっと調べてみて、仮想サーバーにインストールして触ってみると、構造は実に簡単!しかも、使い勝手等、果てしなくデザイナー寄り!!
なんちゃってデザイナー兼、ウェブマスター兼、鉄工所のオヤジ兼、なんちゃって大工兼、えせ釣り人なおれにピツタリ!!

イマドキの主流はCMSとCSSでぐりぐりサイトをイジルんだそうな。確かに古めかしいTableやなんやらよりよっぽどすっきりしていて分かりやすいな。そんなことに今更気付くのはオレぐらいか。。
まぁそのうち徐々にリニューアルして行こうと思う。


2009年11月21日(土曜日)

オレ色に染まれ!

カテゴリー: - misun @ 23時46分11秒

オレ色に染めるため、日々車を使いやすくカスタムして過ごしております。
今や化石のDVDナビをインストールし、ハイエースからの乗り換えの身には、ちょいと小さく感じる車には必需品の「棚」も設置。もちろん後部座席は納車数日で撤去っ!
コンプレッサーやらコードリールなどの大工道具もさっと移設し、自転車も完備。ついでにスコップとつるっぱしも常備。暖かくなればスコップがフライロッドに変わり、棚の中のカッパがウェーダーになるのだ。
質素な雰囲気のドイツ車もやっとラテン系になって来ました。

後は、放置中の小屋竣工に向けてまい進するのみである。

車内

2009年11月16日(月曜日)

新しい車

カテゴリー: - misun @ 15時04分49秒

ここ2ヶ月ほどでいろいろな身の回り品が壊れまくった。これをマーフィーの法則というのだろうか?ちがうな。
とにかく、これら、起動不能の我がガジェッツたちを早急にアップデート、またはブランニューしなければならず、先月おニューのノートパソコンをゲッツ!そして今月、数年に一度の大物である車をブランニューしたのだ!この8年間、がんばって走ってくれた豊田自動織機製ハイエースくんも走行距離23万キロにて燃料系トラブルにてあえなく撃沈。代わりとして、ドイツが生んだ名自動車メーカー、今やアメリカ資本のしもべと化し、そのゲルマン魂の欠けらもなくし、名ポンコツ自動車メーカーと昇華したダイムラー・クライスラーメルツェデスベンツ製「Vaneo」が我が愛車として活躍する事とあいなり、ついに先日納車されたのだっ!
ぐーてんたーっぐ!いっひはいすばねーお!

Vaneo

 悪名高き旧Aクラスの系譜を脈々と受け継ぎ、微妙に壊れ易い部分も受け継いでしまっているかもしれないこの珍車。メルセデスに乗る人間にとってのステータスと呼ばれるオーラは一切発揮しておらず、なんとも間抜け顔ではあるが、知る人ぞ知る実用車。今や人気のルノーのKangooと同系のトールワゴンだが、研究の結果、我がVaneoはKangooよりも使い勝手は上と判断した!
何故なら、座席が助手席を含めて全部取れるのだ!!ちなみに!助手席外すにはスパナが必要!
後部座席はワンタッチ!しかもっ!床がフルフラットなのだ!こんな車はこれしか無い!
これにシャベル積んだりネコ積んだりツルッパシ積んだり脚立積んだり、もう自由自在!

そしてサイズに似合わないロングホイールベースによりものごっつい直進性能を発揮し、高速では流石メルツェデツ!!と唸らせる巡航性能を発揮するのである。
その反面、ホイールベースが長過ぎる故、小回りは一切利かず街乗りではこれ、どーなの??的な目が点状態も経験した。
日本の交通事情等も当然の事ながら一切設計に入っていないので、出足遅し。スピードが55km以上出ないと4速にも入らない始末!ちなみに5速オートマだぜ!ぎゃふんっ!
そこをなんとかしようとタコメータとにらめっこをし、スピード上げたり緩めたり、ティップシフトをちょんちょんしてみたり、オートマなのにまるでマニュアル感覚!めんどくさ過ぎて素敵っ!!
ハンドルに至っては超激ウルトラ級重ステ。切り返し等やってはいけない事を暗に語っているのだ。
しかし、ハンドル離してもこれほどまでに真っすぐ進んで行く車なんて今まで乗った事が無い。凄っ!素敵っ素敵っ!
気持ち攻め気味でのコーナリングも全くふらつかないこのトールワゴン!極めてナイス!
だが、なぜか195の55などという扁平タイヤ!しかも純正!意味不明だがなにげにスポーティ。乗り心地なにげに悪し!

こんなふうに、実に乗り味のある日本では非実用的実用車なわけだ。
だがやはり、モノには思い入れというものが大事であるからして、大いに気に入ったこの変な車を壊れてくたばるまで愛して行こうと思う!

DSCN1044.jpg

42 queries. 0.084 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

有限会社ティークラフトへのリンク