Menu
カテゴリ一覧
最近書いたモノ
カレンダー
2017年 6月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近のコメント
Blog内検索
アクセスカウンタ
今日 : 5
昨日 : 2323
総計 : 194367194367194367194367194367194367
LogCounterX by taquino
Bamboologについて
このコンテンツではバンブーロッドの作り方などの解説は、ほかの優良サイトの皆様にお任せして(^^;)おぼえがき程度に綴って行こうと思ってマス。ドーゾ読み流してください。

と、思いましたが竿の製作法が固まってきた現在、ウェブ上で本みたいにしたくなり、急遽ちょっとした作り方なども掲載していこうと思っております。

左のカテゴリー一覧から関連記事にアクセスできるように細かくカテゴリーを作っていく予定。2006・2・10

2009年7月1日(水曜日)

棚にあった作りかけのブランク

カテゴリー: - misun @ 12時02分18秒

2年ほど前から、棚のすみに鎮座していた作りかけの竹竿。

ちゃんとフェルールも付いているし、塗装だってしてある。おまけにグリップまで付いているのに、なぜか組み立てられずにずっと置いてあった。

_6302792.jpg

本当に2年以上、もしかしたら3年くらい経っていたかもしれない。
ふと、竿が目に入ったので繋いでみる事にする。が、塗装の時のマスキングテープがフェルールに張りっぱなしで、塗料で固まったテープはまるで石みたいだ。

ぐりぐり擦る事数分。擦り合わせまでやったかどうか、完全に忘れていたが、恐る恐る継いでみるとぴったり収まった。
放っておいた時間が長かったので、まるで自分の竿じゃないみたいだけど、試しに振ってみたところ、なんだかイイカンジ。

さっそく、余ってる、ガイド類をマスキングテープで仮止めして4番のラインを通して振ってみてところ、

!!!めちゃくちゃ良い!(σ・∀・)σ (過大評価)

ラインをキャストしてもスラックらしいものが全く無く、おかしな振動も無かった。
キャストしていても今までの竿のように疲れない。
先日完成した竿は、重量だけで言えば軽いのだが、キャストしていると疲れる。
キャスト力重視の竿は、持っていて重い。振って重い。ライズの釣りならまだしも、釣り上がりにはとても使いたくない。

この偶然発見した竿はちょうどその中間くらいの微妙な塩梅。

そんなわけでこんな竿が作りたいなぁ、と思っていた「理想」とまでは行かないまでも、「使える竿」に長い年月を飛び越えて巡りあった。しかも棚でホコリをかぶっていた未完の竿がそうだったとは、我ながら遠回りするように出来ている。

 僕なんざぁ、所詮シロートなんで、バンブーロッド作っていても、理想の竿どころか使える竿でさえなかなか出来たもんじゃない、などといった実感めいたものがちらほら湧いてきていて、先日出来た「なんちゃって3番ロッド」も使えるんだけど、どこか投げにくく、っていうか普通に投げにくい代物なんで、中々たどり着かないゴールを目指しつつ、常にランニングハイ状態だった。

しかしゴールにはほど遠いが、偶然の発見により、給水所にはたどり着いたようだ。(汗)。

この頃作っていたテーパーは何をお手本にするでも無く、ストレートテーパーからスタートした完全にオリジナルのテーパーで、純粋に自分の興味で、試行錯誤のみでちゃんとした竿が出来るかどうかの実験をしている頃なので、言ってみれば全くの当てずっぽうテーパーである。(・ิω・ ิ)/

それがちゃんと使える竿として眠っていた事に気づいて、痛く感動した。人間やれば出来る。運も実力のうち。

早速組み立てて、確認しよう。釣ってみたら「何だこりゃ、だめだ使えねぇ」とか言い出すのかもしれないけど、今のトコロ凄く良さそうな気がしている。
気が向いた時にしか作らないなんちゃってビルダーなので、人よりも時間がかかっているんだけど、上手く行けば自分の基本テーパーが決まりそうだ。
だが先は長い。


2009年6月19日(金曜日)

久々に更新。一本完成しました。

カテゴリー: - misun @ 16時26分04秒

一年以上更新してませんでした。こんな性格ですみません( ・ิω・ ิ)。

折れて使い物にならなくなったロッドの代わりに、#2のバンブー7.6ftが完成した。コンセプトとしてはソリッドでも自重は軽く、持ち重りもせず、シャープで且つトルクフル。フィニッシュはブレンドオイルで趣きと防水性を兼ねたもの。リールシートには積層バンブーをモルタイズ加工。金具類はジャーマンニッケルシルバーの削り出しでフェルールのラッピングには糸割れ防止にダブルラップといった実験的要素も取り込んだ。イメージ通りのロッドを手にしウハウハのはずだったが。。

竿1新品の時に写真を撮っておけばよかった。2回使っちゃったのですでに中古の雰囲気。

実際に釣りをしてみると、軽いが、羽のようでは決して無く、シャープとは真逆のスローであり、最大の誤算は#2ラインでは軽すぎて全然飛ばず、#3ラインじゃなきゃまともにキャスト出来ない(汗)。

その他、失敗した所。初めてコルクの目止めとしてウッドエポキシを使ってみたが、見事に色が合っていない!結構着色したつもりだけど、こりゃまさに恥の上塗り状態。今度はちゃんと色を合わせよう。。

フェルールのラップ部分はダブルラップにしたおかげで、元のスレッドカラーはグリーンだが、ダークグリーンを通り越して黒になっちまった。。
ダブルラップにしたほうが糸割れ防止にもなり、丈夫になるようだけど、はっきりと丈夫になったかは一年ぐらい使ってみないと何とも分からない。
今度は比較対象のシンブルラップ仕様を作ってみよう。

ロッドの仕上げといった範疇ではまあまあでありましょう。

こういった現代的なロッドとは正反対のアクションの竿は、僕のようなあんまりキャストが得意じゃ無いフライフィッシャーにとっては、釣り場所を選ぶじゃじゃ馬ロッドになって釣り自体をより難しくするのである。要するに、使いどころを選ぶ竿、

言い方を変えれば使えねぇ竿とも言えるかも知れない。

だがしかし、そもそもフライフィッシングなるものは、釣り自体のシステムとして常にハンディを背負っており、どうしたことかそれを遊びとして昇華し、喜びに変換するという酔狂な趣味である

よって、この場合の多少の不具合は、この遊びを好きやっている類いの人間にとって何の問題も無い。

と、強がっておこう。

ニューロッドのデビュー当日、必ず魚がいて必ず釣れるであろう釣り場として忍野を選択し、出向いたのだがこの釣り場にはあまりフィットしない竿である事はよく分かった事は収穫だった。そもそも忍野はキャスト能力が必要な場所はほぼ皆無なので7.6ftのバンブーで全く問題ないと思う。場所によっては6ftぐらいが丁度いいようにも思ったりする。

忍野のすれっからしのヤマメたちは覆いかぶさった枝の奥で定位したりするのだが、そんな場合は出来るだけタイトループで穴の中に突っ込めるようなキャストが出来た方が、釣りやすいんではないだろうか。

しかし、なにぶんフニャキャスト専用ロッド。もしかするとキャスティングのエキスパートであれば、キャスティングアークとロッドの曲がりを激シンクロし、矢のようなループをフニャロッドから繰り出せるかもしれないが、そんな技術は無い!

鋭いループが「ヒュッ」とか「スパッ」といった擬音であるのならば、差し詰め僕のキャストは「フニャ〜ン」やら「ミィヨ〜ン」やら「ボニョ〜ン」であろう。

そういった意味でもこの釣り場には特大〜極小のフライサイズを考えれば、6ft程の4番、コチコチビンビンロッド。がシチュエーションとして一番マッチしたロッドと思われるが、そんな変態ロッドは作る気がしない。。

この日午後二時からがんばって7時半まで釣りをした。なんとかヤマメ、ニジマスがちょっとだけだが釣れて、僕としてはご満悦だ。

一番の収穫はこんな竿でもちゃんと釣れるという事だろう。

そんなわけで、今シーズン好む好まざるに関わらず、抜擢されてしまったニューロッド。様々な釣り場で使い倒して行きたい。


2008年5月16日(金曜日)

ステップダウンフェルール

カテゴリー: - misun @ 12時12分11秒

_5154291.jpg
おもむろにステップダウンのフェルールを作ってみた。
小さい方は8/64サイズなので雄の先端の内径は2.2mmほどでけっこう小さい。ブランクをこの径に削れるのか??とか思うけど、、。
(続き…)


2007年7月12日(木曜日)

3pieceの竹割り

カテゴリー: - misun @ 13時13分26秒

3ピースの竿を作るのなんて4年ぶりくらい。なので、ほとんど3ピースに関しては初心者なので、竹割から考える。

2ピース用の竹割りについては以前こちらで触れているけど、必要な幅だけ割った方が効率が良いのは分かっているので今回もそうしたんだけど、3ピースになると全部で18本のスプリットが必要なので、どうしようかなぁ〜なんて考えた末、図のようにする事にした。竹割り3ピース.jpg

今回の竿は1番なので、相当細い。バット部対面幅で6mmほど。なので4mmの荒削り寸法に必要なスプリットの幅は4mm+αなんだけど中途半端な数字なので、まぁ大雑把に5mmとしました。

この図のスプリッティングだと失敗なしだと3ピースの竿2本分、あるいは3ピースの竿1本+2ピース1ティップの竿一本分が取れる。
曲がり直しなどで失敗して予備を使った場合も2ピースの竿をもう1本は出来るくらいの材料が取れそうだ。

今回も初めに丸竹を3等分。割ったものをそれぞれ2等分して片側を予備としてもう片側を1〜3にマーク。
マークしたものをまた2等分して1を4。2を5。3を6にマークし直す。

1〜6までを153624の順に並べてノードスタッガリング。スリーピースなので節ずらしはスリースタックの方が上手く収まった。
7’6の竿に必要な竹は762mmなのでリーウェイ込み840mmに切断した後、それぞれの竹を5mm幅、3等分して終了。

以上おぼえがきでした。


2007年7月11日(水曜日)

今度は#1

カテゴリー: - misun @ 16時49分51秒

なんか今までずーッと竿と言えば4番ばっかり作ってて、自分で作った竿だからなんの疑いも無く使ってたんだけどふと思った。

やっぱり4番とは言え、8ftくらいの竹竿になるとなんだか重いんだよね。これは自分で作った竿なので、ヒイキ目に言っても重いわけで冷静に分析すれば今時激重な竿であることは間違い無さそう。
これまたTPOにあわせて使う竿を使い分けるほど本数も持ち合わせていないわけで、そろそろ用途に合わせた竿作りをしていこうかなんて思った。

アメリカでのライズの釣りの場合は、そもそものキャスティング回数が極僅かなのでこの場合の竿の持ち重りなどの欠点は語るに及ばない。

だけど、世界中どこでもそうだけど、流れに居付く魚をブラインドで釣ってやろうなんて場合は、まずどれだけいろんな場所を叩けるかで魚とご対面出来る可能性が違ってくるので、とにかく叩きまくりのキャスティングしまくり。そんな釣りであんまりキャスティングしないような設定で作られた竿を振り回してたら。。。そりゃ疲れるわなぁ。

なので、今度は釣り上がり用の7′6程度の1番ロッドを作ってみようと思った。テーパーはレナードのポストファイヤー3ピース4番を元に何の細工も無しで1番に計算し直したもの。こんなのでも十分使えるでしょ??


2007年6月22日(金曜日)

必殺一回塗り

カテゴリー: - misun @ 19時04分22秒

この前作ったPayneのテーパーの竿。北海道旅行に持っていくために完成を急いで塗装をした。しかも一回のみ!しかもオイルフィニッシュ!!ガイドを巻いてあるスレッドには2液ウレタンをこれまた一回のみ!故に防水性能は相当「低」と思われました。幸いというか生憎と言いましょうか、一日はまるごと雨だったわけで、当然一日中ロッドは濡れっぱなし。オイルの防水性能はどんなものか、実験するには最高の天気に見舞われた。

結果。オイル一回塗りの防水性能は、ほぼ、ゼロ。という結論を得ました。
一日竿を振っていたわけじゃなくて、ほとんどはボートの上に置きっぱなしの状態だったので、部分部分に雨の雫がずっと乗った状態で、半放置。思い出したようにロッドを見てみると、なんと!雫の乗っていたところの色が変わってました。数時間にしてマダラ模様のロッドとなり、あっちゃ〜とか思ったんだけど、乾いた後のロッドは再度綺麗な竹色になりました。当たり前か。。

こんなほぼ無塗装の竿でも意外や意外。水を吸い込んで乾燥した後も暴れは一切出ていなくて、けっこうへーきなもんだ。

今回のロッドは水浸しメソッドに始まり、実験の要素が非常に多く、ほんとに使えるのか心配だったのだけど、一通り経験してみると考えを改める事が多かった。

まず、ロッドたるものバリバリに乾燥したものが一番と思っていたんだけど、相手は竹。自然素材。伐採された後も生き続けるシロモノ。ほんとにカラカラの乾燥状態で、ウレタンのような湿気も空気も通さない塗料で包み込む事が本当に良いことなのか、実は呼吸させて膨らんだり縮んだりするのが自然じゃないだろうか?なんて宮大工みたいな事を考えたりした。

ま、世のバンブーロッドの大半はウレタンなど合成塗料使ってるところをみると、やっぱりそっちが正解かもとか思うけど、今回作ったようなロッドはそれはそれ、湿気によって膨らんだり縮んだりするテキトーなクラフトマンシップが隅々まで行き渡った作り方が僕には合っているような気もした。


2007年6月12日(火曜日)

Jim Payne Parabolic79 #4/5

カテゴリー: - misun @ 12時41分11秒

ロッドを振ってう〜んと唸ってしまった。
やっぱりその道のプロが作ったテーパーはすばらしいね。
僕のオリジナルなんちゃってテーパーと比べるべくも無いんだけど、まさに「こんなロッドを作りたかった!」ってものに近かったヨ。

今まで自分のオリジナルでストレートのテーパーから始まって少しづつ改良(改悪??)しながらゆっくり作っているテーパーがあるんだけど、試行錯誤しながら作っているから、なかなかこれで良しと思えるものに近づいて来ない。。

そもそも作り始めの頃はブランクの精度からして眉唾レベルであって、やっと最近になって最低レベルのブランクの精度が確保できるようになった(と思う・・)ので(汗)今までの製作過程はただの練習で、竿と呼べるのはもうちょっと先であるのかもしれない(大汗)。

あんまりにもオリジナルテーパーがショボイので、たまには著名なロッドメーカーのテーパーでも作ってどんなものか試してやろうじゃないのとか思いたち、大急ぎで作り、未完成ではあるもののキャストしてみると、やっぱりっていうか、ありゃまぁというか、実に良い。

キャストしたラインにパワーロスが全然無いし、ショート〜ミドルレンジのキャストではラインからグリップまでの一体感があるのでループのコントロールが容易。ロングキャストは・・腕が無いのでやらない。

総じてキャスティングが上手くなったような気になる。
テーパーとしてもキャストしたカンジもパラボリックな竿なので、実に僕の好みだったんだよね。ほんとに良く出来てる。

こんな往年の名テーパーを自分で作れるんだから、ロッド作りってのは止められないね〜。
自分のオリジナルテーパー作りは一旦中止して、しばらくは大御所が作ったテーパーの竿を作って勉強させて頂こう!


2007年5月23日(水曜日)

水浸しメソッド

カテゴリー: - misun @ 10時54分00秒

sagyou.jpgど、どーも!しばらくの間ほったらかしていました我がHPですが、度々覗きに来てくれていた皆様申し訳ありません。
最近は新規に導入した趣味に走っておりましてWEBの更新どころでは御座いませんでした。それはまた後日報告するとしまして、今は久しぶりに竿を一本作っています。

nure.jpgで、今は仕上げ削りをやっている最中なんだけど、いつもと同じじゃ進歩がないってわけで、新しい試み「ソーキングメソッド」なるものを実験しております。

ようするに竹にしては高価なトンキン竹(乾燥済み)を、もう一回水の中にぶち込んでたっぷりと水を吸わして差し上げようという荒業です。

いわゆる竹竿作りの世界では火入れやら曲がり直しで、兎にも角にも乾燥一番、湿気なんざぁ厳禁であり、そのパリパリ乾燥した竹で出来た竿であるからしてアクションも軽くなり、竹の中で動く水も最低限なので暴れも出にくいと言われておるわけなんですが、アプローチとしては全く逆のこの方法。鬼とでるか蛇とでるか。やってみてのお楽しみだったわけなんです。

この方法はアメリカ(かな?)のトッパンサラミ氏のHPにて怪しげに公開されていた方法で(アドレスをロストしましたすみません〜)、なんでも氏曰く、チッピングが出難い方法なるものでクアッド(四角)ロッドなどのスプラインごとのエッジが鋭過ぎで脆いロッドを作るときに非常に有効だそうです。僕としてはチッピング対策よりも、素材の含水率をなるべく一定にしたかったんです。
ロッドを一本作っていると、何度も曲がり直しやら火入れやらで竹を強制的に乾燥させることが多くて、それが全体でみたら局部的に行われることが多いと思うんですね。

製作の過程でいくら乾燥させたり湿度のコントロールをしようとしても加熱したところは部分的に痩せているだろうし、接着時には直接水浸しになるので各部分の含水率が全然変わってくるだろうと。そーすると寸法も必然的に変わって来ちゃって仕上げ削りで設定した寸法は最初出ていても乾燥が進んで最終的にはどうなるの?って思ったわけです。

じゃあ最初っから水浸しの最高に膨らんだ状態を基準にして乾燥で痩せる寸法を予想しておけば良いんではないかと。

tate.jpg一応ティップ部分の削りを終わって感じたことは、潤いまくって柔らかくなったせいか、削り進んで細くなると真っ直ぐだったところもウネウネと曲がってくるんだけど、なぜか曲がってきません。削りあがりもいつになく真っ直ぐに仕上がっているみたい。さすがに1mm以下の先端はやや内側に反っているんだけど、いつもと比べれば相当真っ直ぐ。。(^_^;数日したらどうなるやらはワカリマセン。。


2006年8月30日(水曜日)

2液ウレタンと一液ウレタン

カテゴリー: - misun @ 10時51分36秒

期限まで残すところ後3日となったんだけど、最後の最後で妙な事になっちゃって困った。
妙な事ってのは2液ウレタンの上に塗った一液ウレタンが硬化しなくって24時間経ってもなんかベトつく。ウレタンなんて硬化すると爪で引っ掻いた位じゃ傷も付かないんだけど、試しに引っ掻いてみると見事に傷が付いた・・。

通常のラッピングは最初の一回がエポキシで、2回目からは一液ウレタンを糸目が消えるまで重ね塗りして仕上げ塗りに移るんだけど、なにぶん今回は時間が無いってワケで速乾性の2液ウレタンを途中で使った。まさか一液ウレタンとの重ね塗りが不可とは知らなかったんだけどなんでだろ。ウレタンはウレタン同士相性良いと思っていたんだけどね。

微妙な化学成分の関係で同じウレタンでも一液とニ液のウレタンでは相性が悪いのかな?とにかくいつまで待っても固まらないので、昨日はサンドペーパーでぐりぐりこすって表面のウレタンを取っ払った(泣)。

取っ払った表面にはシェラック(天然ニス)を塗って事無きを得たので、今日、明日と仕上げ塗りで終了の予定。


2006年8月25日(金曜日)

塗り3回目終了

カテゴリー: - misun @ 13時00分13秒

3回塗り順調に3回目の塗りまで終わった。塗装は焦らずに一日一回のペースでやった方が結果的に上手く行くね。僕の場合は一回目の塗装の前に400番のペーパーで磨いてそのあとは塗装毎に800番の耐水ペーパーで水研ぎ。塗料が薄めなので400番のペーパーだと塗っても研ぎ跡が消えないのでこんな手順でやっている。

3回も塗ればピッカピカになるので明日にはガイドの取り付けをやって、もう2回位の仕上げ塗装して終了の予定。
完成は4日後・・か?


2006年8月22日(火曜日)

やっと竿になってきた。

カテゴリー: - misun @ 12時59分37秒

?.jpg昨日ワインディングチェックも接着終了。今日から塗りに入れるようになった。期限はあと10日。なんとか使えるようにはなりそうなのでやっとホっと出来る。なんて安心するのはまだ早いか??とりあえず一からブランク作り直しなんてことは無いと思うから大丈夫でしょ。

ティップもバットも一本ずつ折ってしまって、なんてこったいな事件が多々あり、なんだか急いで作る事になっちゃったけど即席のわりにはいいブランクが出来た(^^;

毎年気になるところを直しつつ、新しいテーパーで竿を作って持っていくんだけど、やっと使えるテーパーに近づいて来た気がする。って今までのテーパーが変なアクションだっただけカモ!
ニューロッド早く組み立てて振ってみたいっす。


2006年8月19日(土曜日)

竹割レシピ1

カテゴリー: - misun @ 15時46分09秒

?.gif最近は絵のようなかんじで竹を割っているんだけど、これが実に成功率が高いので忘れないうちにアップ。

今までは3.6mの竹をツーピースなら半分、スリーピースなら3等分の長さにして根元がバット用、先はティップ用で作っていたんだけど、この方法ではティップもバットも同じ部分からの割り出しで作る。

竹全体で考えるとバット用とティップ用それぞれの部分の竹から作るほうが自然な気がするけどどうなんだろうね?竹の先と根元ではパワーファイバーの密度や太さが違うわけで、そう考えるとやっぱり根元のほうが張りのある竿が出来る気がするし、先っちょの部分の方がしなやかな、柔らかい竿が出来る気がする。今作ってるのは根元部分の竹で作っているので、今度は先っちょ部分の竹で同じテーパーで作ってみれば分かるね。

この割り方は必要な細さだけを割り出すから、予備の竹が十分確保できるのがミソでいろんな失敗要素(竹の芽が出てたり、途中で変に割れていたり)をカバーできる。僕の作る竿はほとんどバットが5mmティップが3mmの荒削り幅なので割り出し幅は6mmと4mm。
6mmを4本と4mmが6本だと、どちらも24mmなのでスプリッティングもけっこう簡単。強いて言えばティップ部分、24mmを3等分が面倒だけど慎重にやれば問題なし。

コツを掴めば竹割も上手く行くようになって、複雑な割り方で一番効率のいい方法を考えられるので以前は嫌だった竹割も最近はちょっと楽しんでやれるようになった。

ま、いくら上手く割れたからって出来上がったブランクを曲がり直しでへし折ってたら世話無いよね〜。(@。@;)

補足・図に記してある番号は割る順番です。1を割ったあとは正反対の2を。なるべく半分に近い部分を割っていくと曲がらずに割れるようです。実際に必要な割幅は一片48mmなんだけど、曲がった場合の保険で49〜50mmで割っておくとまあ安心かなと。


復活した。

カテゴリー: - misun @ 11時10分57秒

もう一本この前へし折ったブランクの後継ぎを接着し終わり、昨日は研磨とグリップまで付けた。

今日はフェルールまで付ける予定。週明けからはさっさとラッピングに入んなきゃ間に合わなくなるので、使えりゃいいのノリでやっつけよう。

ここ一年ほど前半ラッピングばっかりやってて後半はブランクばかり作っていた。気付けば一本も竿としては出来上がってないワケで今度の一本が今年の集大成ってわけだ。がんばろー。


2006年8月8日(火曜日)

ぎょえぇえ〜!!・・。

カテゴリー: - misun @ 16時13分24秒

oreta1.jpgってわけで、2ティップ1バットの竿が1ティップのみとなりました!・・ってどうやって釣りすんだよ>オレ!(泣)

いやーそれにしてもまいったね。バット側が折れたなんて初めてだけど
びっくりを通り越して笑っちゃいました・・。

oreta1.jpg前回のティップが折れたのはまぁ納得なんだけど、バットが折れるなんて経験が無かったから全く不思議だ。節ずらしを3×3にしたのが原因かなぁ〜?そうだとしたらスパイラルノードはやっぱり丈夫なんだなぁとか思いました。釣りしてて折れるような弱さじゃないからいいと思うんだけど、もう一回作り直しなことは決定なのでがんばろう。・・・間に合うのか???


2006年8月5日(土曜日)

うぎゃ〜ぁ・・。

カテゴリー: - misun @ 16時33分53秒

tip.jpgってことで2ティップの予定が1ティップになりましたぁ〜ははは。

失敗が重なる時はもーどーしよーもなくなるもので、最終的にはボッキリ折れて再起不能の失敗をかましました。

事の始まりは細いティップが扇風機の餌食になったところからで、替わりになるストリップをもう一度削りだして、やっと接着の段になったところなんと!削り直しの竹の節ずらしを間違ってしまっていた事に気付いてもういやーん。
普通スリースタックって節の部分をみると節を1とすると101010とならんでいるはずなのによーく見てみると101110・・。

・・・こりゃ〜そーとー弱そーだ。ま、いいや。どれだけ弱くなるのか耐久試験だ〜ってな調子で接着したはいいけど、バインディング後の曲がりなおしの途中であっさり折れた。

わかっちゃいたけどインチキノードスタッガリングは使うまでも無く弱さを発揮しちまいました。ふぅ。


2006年7月27日(木曜日)

今度は成功!!

カテゴリー: - misun @ 18時40分44秒

yakiowari.jpg曲がりなおしから火入れまで終わったんだけど、前回見事失敗した火入れは無事成功。今まではバットセクション、ティップセクション共に同じ太さなら火入れの加減も同じで良いし面倒じゃないと思っていたので、荒削りの太さを合わせていた。

この前から必要なだけの幅で竹割をしてやったら、火入れ以外の曲がり直しと削りは、スプリットが細い分やっぱり全然全くすんげ〜楽でした。今までの苦労がうそのようにちゃっちゃと火入れまで進んだので、大発見をした気分。ってそれが普通だって??

前回失敗しておっかなびっくりだった太さの違うセクションの火入れは温度管理さえちゃんとしていれば全く問題ないようで、今度からは安心して出来そう。3本まとめてオーブンの中に突っ込んだんだけど、僕のオーブンの場合は中があんまり広くないので、ティップセクションとバットセクションは分けて火入れしたほうが良いかもと思った。

前回紹介した60度ゲージ付きノギスはなかなか好調で、センターゲージでは発見できなかったエナメル面の傾きに気付く事が出来た。
はじめはピスの頂点を潰さない計測用に作ったものだけど、正三角形のゲージとして有用なのは嬉しい副産物だった。これでチョットは正三角形に近いスプリットが削れる・・かな〜?


2006年7月24日(月曜日)

60度ミゾ付き測定ジグ

カテゴリー: - misun @ 12時01分22秒

furaisu.jpgゲージピス

今まで削った竹はマイクロメーターで計っていたんだけど、かなり慎重に測らないと先端のほっそいピス部分は簡単に潰れていた。

一発で測れる時はいいんだけど、2度、3度と測ったら尖がった部分はペッタンコ。測りたくても測れねぇってわけで以前マイクロ用の60度ミゾ付きのジグを作った。が、ゼロ設定が上手く出来なくてボツ。デジタルノギスだったらゼロ設定が簡単だなぁなんて思っていたら、海外のサイトでは既に紹介されていたのを見てさっそくパクりました。

ミゾ切りフライスでノギスの口が入る溝と60度のミゾ切ってネジ切りして完成。材料は落ちてた鉄。例によってコストはゼロ円。。

早速使ってみると、むむっ!ややっ!!こ、これは!!けっこう使えるかも!!デジタルノギスなのでゼロ設定はすぐに終わるし、それより何より、ピスの部分が潰れてる形跡なし!(気付いてないって言う見方もあるけど。)蛍光灯にかざして見ると潰れてない!ように見える。。ついでに、60度に削った部分をゲージにあわせて測るので、ちゃんと削れてるかチェックできて、ピスの頂点からの高さを測れるので(マイクロだとエナメル側からの高さ)より正確に測れるんではないかなぁとか思った。

もうチョット使ってみないと判らないけど、なかなか良さそうであります。


2006年7月18日(火曜日)

こ、焦げた。。

カテゴリー: - misun @ 16時05分47秒

koge.jpgあちゃー、やっちゃったよ。焦がしました。。不覚にもテレビに気を取られて火入れしてるの忘れてた。

この時はオーブンの温度が上がるのが遅かったのでおい!おまえ!しっかりしろヨ!とオーブンに気合を入れ、ついでに温度調整の目盛りもグリっと上げ、下げるの忘れて火入れしてました。。
は、、、っと気付いて温度計を見れば210度!!あ〜わわわ〜っと出したときには既に時遅し。見事にティップ側の端っこ15cmが炭になりかけの黒さだった。バット側は太いので焦げるまでにはいかなかったみたい。

ってことでこれは6ft用のブランクに早変りしました。めでたしめでたし。

と、思ったのもつかの間。そーいえば9月まで後一ヶ月と半分しかないことに気付き、6ftなんてお遊びロッド作ってたら今年持ってく竿がない!ってわけでこのブランクはしばらくお蔵入り。アメリカに持ってく竿の製作に掛かります。っていつになったら一本出来るの?と我ながらに思う。


2006年7月13日(木曜日)

半製品

カテゴリー: - misun @ 13時31分01秒

reelseat.jpgCADで製図したものを実際に削ってみた。ジャーマンニッケルシルバーがどんな仕上がりになるかと思っていたんだけど、予想した通りの綺麗な色で大満足。

ケッコウ黄色いんだけど、真鍮のような金ピカじゃない銀に近い金色。シャンパンゴールドって言うのかな〜?ギンギラやキンキラより品があるように見えて非常によろしい。時間が経つと黄色が強くなってくるみたいだ。実際、削った直後よりも黄色みを帯びてきてる。

形はよくあるキャップ&リングでロープナール仕様。フィラーは以前に作ってその辺に落ちてたやつ・・でフィンガーネールビットを使ったモルタイジング仕様。って知らない人達が聞いたら暗号みたいな変な言葉だねぇ。

切りっ放しの磨きも何もしてない半製品なんで、がんばってピカピカ仕様にする予定。


2006年7月12日(水曜日)

またまたCAD

カテゴリー: - misun @ 11時39分40秒

cad.jpg今CADを使ってリールシートの部品をカキカキしている。今まではお絵かきソフトを使って書いた図面だったけど、せっかくCADの操作にも慣れたのでリールシートもついでに図面にした。

それにしてもCADってソフトはスゴイソフトだね。リールフットの納まり具合だとかスライドバンドの入り具合なんか作ってみなけりゃ分からん部分だったんだけど、考えまくっても分からない事が視覚的にシミュレーション出来てその通りに作るとホントに思った通りの出来になるのはやっぱりスゴイ。ある意味感動。ってもそうじゃなきゃ図面書く意味無いんだけどね・・・。(^_^;

これで今までそーとーテキト〜だったモルタイジング時の溝の深さやスライドバンドの内径の角度がはっきりして、やっと僕の竿の部品も計算されたところが出てきたなぁなんてしみじみ思ったりした。ま、竿本体はあんまり計算されてないので(-。-;)これからも精進して行きたい。

素材右は今度作るリールシートの材料。ニッケルシルバーの丸棒。今までは写真左、18%ニッケルの快削材使ってたんだけど、今度からは12%ニッケルで作ろうと思う。洋白三種のジャーマンニッケルシルバーってヤツだね。

快削材に比べるととても切れ難くて厄介なんだけど、色がとても綺麗。ニッケルが少ない分色が黄色がかって見えるんだけど、この色って味があっていいんじゃない?とか思う。


50 queries. 0.137 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

有限会社ティークラフトへのリンク